5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【文壇】第30回大仏次郎賞:『磁力と重力の発見』(山本義隆)に決まる[031218]

1 : ◆GEDO/87xso @外道φ ★:03/12/18 14:23 ID:???
大仏賞に山本義隆氏 「磁力と重力の発見」で

 第30回大仏次郎賞(朝日新聞社主催)は17日までに、山本義隆氏の
「磁力と重力の発見」(みすず書房)に決まった。
(後略)
----
※引用元配信記事:http://www.kyoto-np.co.jp/news/flash/2003dec/18/CN2003121801000133G1Z10.html
※京都新聞( http://www.kyoto-np.co.jp/ )2003/12/18配信
----
※関連スレッド
【文壇】大仏次郎賞:「笑いオオカミ」と「遠い崖」に決まる1212
http://news.2ch.net/newsplus/kako/1008/10081/1008114546.html

311 :(・ x ・) ◆Miffy6eLhg :03/12/23 23:01 ID:l+bUOODl
>>310
( ´,_ゝ`)プッ

312 :名無しさん@4周年:03/12/23 23:03 ID:MYNbdlIg
河合は山下洋輔呼んだりして結構面白い事してたと思うがな。
最近はどうだか知らないけど。

313 :cotton candy ◆sweetKICyQ :03/12/23 23:12 ID:glWhMuxm
>>50
山本が指名手配され潜伏中に、朝日ジャーナルに寄せた文章の一節。

概観するには最も便利にまとめられた、講談社現代新書の「全学連と全共闘」
が新刊では読めない、というのは現状をよく表している。
樺美智子あたり読みたくても、三一書房がゴタゴタもめているままで。

>>128 >>247
白黒口絵写真、飄々とした優男で、そこらの俳優よりか断然格好いいですよ
山本義隆。しかし古書価格はバカ高、数千円は覚悟。

>>204 >>213
スレッドタイトルの検索利便性を重視するのであれば、
【文壇】【文学】【文芸】……のようなばらつきをこそ、統一するのが適切ではないのか。

>>295
深読みのし過ぎだ罠。
スレタイに関連する情報の集結蓄積もまた、スレッド式掲示板ならではの醍醐味かと。
「作品は作品のみにて評価するべき」と考える人もいるだろうけど、そうではなく
作者の人となりや振る舞いも含めて総合的に判断する、
というのが私の考えなので。
全共闘がらみのリンクばかり選んで貼り付けているわけでもないし。
自分の気持ちとしては、ひとりの元駿台生として
山本義隆先生に、心からお祝いを申し上げたい。
その意味で、山形浩生氏の朝日新聞書評はとても良かった。

314 :ゲバリスタ:03/12/23 23:16 ID:V1JqbKDh
>305
「社会に迷惑かけただ」と・・??
ブル新に骨の髄まで犯された愚か者めが。
お前なぁ、1967〜75年にかけての歴史を学べよ、自分の頭でな!!


315 :名無しさん@4周年:03/12/23 23:27 ID:9JB+eehb
>>314
予備校に関連する話題で言えば東大受験できなくなった人がいるよね。
妙な持ち上げすると贔屓の引き倒しになっちゃうことぐらい理解しようよ。

316 :名無しさん@4周年:03/12/23 23:34 ID:gBZgvCJO
2cherの中心世代が山本の過去なんて知るわけない。
知ったところで「プ」で終わり。いちいち来ないよ。

317 :名無しさん@4周年:03/12/23 23:37 ID:MRvbcugE
>>311
( ´,_ゝ`)プッ の使い方が違います。

318 :cotton candy ◆sweetKICyQ :03/12/23 23:51 ID:glWhMuxm
科学史、というのはニッチ(隙間)狙いで、面白い。
あるいは、既存のアカデミズムから外れた在野には
それぐらいしか攻めるところが残っていない、なんて言い方をしたら
怒られるでしょうか。
これだけやり尽くされた世の中では、予想ひとつ立てるのもなかなか困難でしょう。
その点科学史ならば、既にあった出来事起こってしまったこと、
いわば「ありもの」なので。
理論や仮説の検証作業を仲間に頼む必要もない。実験施設とか使うわけもない。
好きな時好きなように自分ひとりのペースで、作業を進められる。

書誌学的なものって、大好きなんです。
現場を踏まなくとも、椅子と机から離れないで一本勝負。
たったひとりでじっくりやり遂げる、広瀬隆。
アンカーマンをこき使い倒して草の根分けてでも探し出す、猪瀬直樹。
膨大な資料と知識で一気に書き上げる、立花隆。
読み進んでいくうちに、山ほどたくさんの点が集まって、一本の線になっていく。
タケノコタマネギラッキョウの皮むきみたく、少しずつ剥がして迫っていく。
ひとつひとつを追いかけるのは、読む側として面倒なことこの上ないですけど。
注釈が多く付くのも、むしろあればあるほどうれしい。
田中康夫「なんとなく、クリスタル」、士郎正宗「攻殻機動隊」。
本文と注を行き来していると、時々本筋を見失いそうになるけれども、
スルメのように噛めば噛むほど味わいがあった方が、読み応えがあってお得。

319 :名無しさん@4周年:03/12/23 23:54 ID:Cn9w8Q5O
物理学についてのまったりスレになるはずが、
「醜屍」という古語を想い出させる所になってしまいました。

320 :cotton candy ◆sweetKICyQ :03/12/23 23:56 ID:glWhMuxm
>>96
解剖学って、新種のガン細胞標本とか
あるいはプラスティネーションのような標本製作手法の問題なんかを除けば、
「もうそこにあるもの、変わりようがないもの」なんですよね。
猿人まで遡るならともかく、
人間の臓器の配置構成なんて、有史以来変わらないでしょう。
「ありもの」で、皆様にどのように楽しんでいただくか、という曲芸。
養老氏は、キャッチーなフレーズづくりには成功しました。
「唯脳論」、「涼しい脳味噌」。世間受けも良かった。
しかし、解剖医学の同業者仲間からの評判は、どうだったのでしょう。
他方、今回の山本氏の科学史の見せ方は、大学の先生にも評価されている。
そのへんのヤキモチ焼きというか寂しさみたいなものも、
養老氏の選評には込められているのかもしれません。
まあ本当のところは、本人に聞いてみないと何とも言えない。

>>202
毎日の視点 > ザ・インタビュー
社会が動物化している 哲学者・東浩紀さん [2001年12月27日]
http://www.mainichi.co.jp/eye/interview/200112/27-1.html
http://www.mainichi.co.jp/eye/interview/200112/27-2.html

321 :名無しさん@4周年:03/12/24 00:23 ID:FVm1u5q+
養老氏の選評は、その支離滅裂さに、
逆にあの世代の傷口の深さを
思い知らせてくれました。
という私たち後続の世代は山本氏らの問題提起をスルーしてしまった
あえていえば無責任な世代だと思わざるをえません。
考え続けるということは、実に困難な営みなんだと…。




322 :名無しさん@4周年:03/12/24 00:25 ID:BALFyx/O
俺が講義を受けてた頃はもう少し頭髪があったように思う。
でも視線の鋭さは変わってないですね。
http://www.asahi.com/event/award/TKY200312190246.html
この風貌でフラ〜と教室に入ってきて、無言で学生をじーっと見るので
最初びびった。

でも面倒見はいいおっさん。

「ここまでの説明を聞いても分からない人は後で講師室に来て下さい。
なんとかします」

と言い切ったのを今でも覚えている。

323 :名無しさん@4周年:03/12/24 00:37 ID:Yp261qYI
> 「ここまでの説明を聞いても分からない人は後で講師室に来て下さい。
> なんとかします」

いい先生だね。>>322

324 :名無しさん@4周年:03/12/24 00:40 ID:hdxwWVUx
>>322
コワイ

325 :名無しさん@4周年:03/12/24 00:40 ID:6WyVcSwS
( ´∀`)∩先生、ブル新ってなんですか

ブルジョアの(まではわかる)何?
マジで教えてください

326 :名無しさん@4周年:03/12/24 00:46 ID:lfYQYURU
>>319
常駐右翼に飼われているウヨ厨房は2ちゃんの世界でしか生きられないんか(苦笑
残念だな、同じ物理世界に生きているのに。

ああ、それともドイッチェの言うように干渉の意味を考えれば、
こことは違う別世界から書き込んでるのかも知れないな。
ここは君の世界じゃないよ。

327 :名無しさん@4周年:03/12/24 00:47 ID:Uct9HQUT
養老は同時期に『バカの壁』なんか書いちゃった自分がちょっと恥ずかしくて
(同時に特別賞とったりするしなおさらね)
思わせぶりな事書いて、言い訳しつつ恥ずかしさをごまかしてるだけでしょ。

328 :名無しさん@4周年:03/12/24 00:49 ID:ctC7hzrG
過去の山本を偶像視して同意が得られないとなると罵倒。
価値観の多様性ってもんに耐えられないんだよね、あの世代。
その点養老は立派だ。

329 :名無しさん@4周年:03/12/24 00:50 ID:Sk8KRbPR
>>325
ttp://www.asahi-net.or.jp/~gr4t-yhr/zenkyoto_ha.htm

ブル新【ぶるしん】〔名詞〕
ブルジョア新聞の略。朝毎読などに代表される一般紙をさす。ブル新は、学生や労働者などの
プロレタリア側よりも、政治権力側についていたと、当時の学生達は判断していた。日共=民青は
ブル新とはいわず「商業新聞」と呼んだ。
《証言:ブル新のデモ参加者の数は、いつも主催者発表よりも少なかった。公安の発表をそのまま
載せていたんだろうね。今でもそうだが……。》

330 :名無しさん@4周年:03/12/24 00:50 ID:MjG5nvP1
>>318
>科学史、というのはニッチ(隙間)狙いで、面白い。

「科学史」というのは「ニッチ」ではないと思いますよ。

近代「批判」には様々な視点がありうるけれど、
「主体-客体」を自明とする近代科学の前提に対して
「批判」(広義の「批判」)しておくことは「ニッチ」ではないと思うけど。

331 :名無しさん@4周年:03/12/24 00:54 ID:ctC7hzrG
ニッチもニッチ。科学史家って「と」が多いし。

332 :名無しさん@4周年:03/12/24 00:58 ID:mla5SIFA
それはハードサイエンスでにっちもさっちも行かなくなった人間がやること
って意味?

333 :名無しさん@4周年:03/12/24 00:59 ID:6WyVcSwS
>>329 THX
新聞っすか〜
てゆか朝日も入るんですかΣ(゚Д゚ )

334 :名無しさん@4周年:03/12/24 01:02 ID:mla5SIFA
>>333
そりゃ入るさ。
前進とか戦旗とか読んでみなよ。世界が違うから。

335 :330:03/12/24 01:03 ID:MjG5nvP1
>>331
>科学史家って「と」が多いし。

同感(わらい

ただし、"ctC7hzrG"さんが>>328でおっしゃった
「価値観の多様性」の問題を追求している「科学史家」はいますよ。
というより、まっとうな「科学史家」は近代科学の絶対性に対する批判者のはず。


336 :名無しさん@4周年:03/12/24 01:06 ID:6WyVcSwS
>>334
ああ、層化の人のいう「一般紙」と同じような定義ってことですね

337 :名無しさん@4周年:03/12/24 01:09 ID:Sk8KRbPR
朝日は「知識階級」向けだろうか。
どっちにしろ労働階級向けとは解釈されなかったんだろうな。

338 :名無しさん@4周年:03/12/24 01:18 ID:8kuoVifj
改行は
で行います。山本義隆タソ来たー!
あの人の授業はいいよ。わかりやすい。まだ授業やってるんだろうな。がんばれがんばれ!


339 :名無しさん@4周年:03/12/24 01:27 ID:QRgex6oa
誰かこの人が安田講堂から逃げ出して、
予備校講師になるまでの過程について語ってください。

340 :330:03/12/24 01:32 ID:MjG5nvP1
>>332
>にっちもさっちも

あ、うまい(わらい
「ニッチ」っていうギャグね。


341 :名無しさん@4周年:03/12/24 01:58 ID:F+SEw5ed
山本は物理入門のたしか前書きで
”物理学は20世紀で最も成功した学問だが、絶対なものでも
他よりも優れた物の見方だというつもりもない・・・”
みたいなこと書いてるよ。

342 :名無しさん@4周年:03/12/24 02:06 ID:BALFyx/O
>>333
大企業が出した広告料で経営してる新聞は全部ブル新でしょう。

343 :名無しさん@4周年:03/12/24 02:09 ID:x3bjwW7d
漏れは、物理学についてはマタークの門外漢だけど、いろんな領域で「史」という
視点はホントおもしろいね。「近代」というイデオロギがなにを前提としてい
るかをやっとその姿を現したのかも。ミネルバの梟は夕闇を飛ぶからね。
近いうちに購読しようと思っているが、漏れとしては、これが山本さんの総括
の基盤であってほしいと思う。


344 :名無しさん@4周年:03/12/24 02:16 ID:vg/rHUtB
>>216
> 事実山本師の講義で物理学に目覚めたものの大学に入ってクソみたいな教授に幻滅
> して物理学の愉しさを失っていった学生は多いわけで、

それってすげー言い訳だろ。クソ教授にあたってしまったんなら
そんなやつ無視して独学すればいいだろ。
大体大学にも入ってそんな受身な時点で終わってるよ。

345 :名無しさん@4周年:03/12/24 02:23 ID:F+SEw5ed
駿台の講師をやってる○センセーは
大学つまらなくて辞めたって言ってたな。
独学で物理を学んで、研究職についてるらしい。

346 :名無しさん@4周年:03/12/24 02:35 ID:u5lgdRPv
あまりに優秀過ぎて東大では誰も教えられず、湯川秀樹に習いに行っていたそうな
博士論文もほとんど出来上がっていたが、全共闘に首を突っ込んだため・・・

全共闘について何も語らないのは、ヴァカなセクト共に運動を乗っ取られた責任の重さだと思う
逆に、全共闘を語る香具師って、自分の武勇伝ばかり語る無責任な香具師がほとんどだよ
だから、全共闘を偉そうに語る香具師は信用できない(=団塊の世代の一部)
新左翼の幹部なんて、まさにその典型。人の上に立つ器じゃないよ

347 :名無しさん@4周年:03/12/24 02:42 ID:a9P0UP/w
伊藤 和夫を大学教授が無視するのと同じ構図だろな。
無冠の帝王でも人間の実力がどの程度の物かはいずれ露呈するだろう。
養老は東大医学部教授だったが将来の評価はどうなりますかね?

348 :名無しさん@4周年:03/12/24 03:07 ID:yVoUchZl
伊藤和夫だの、山本義隆だの、
なつかしいなあ。この人たちの本で
勉強したから。個人的には本当に
役立った。

349 :名無しさん@4周年:03/12/24 03:08 ID:b0v8Ejs1
この本褒めてる佐々木力っていう東大の教授は東北大の学生運動の幹部
だったんじゃなかったっけ?
なんていうか同類を褒めているだけの気がするが。科学史も科学哲学
とかも衒学的な読み物としては面白いけど、学問としては、どれも、
近代・絶対性・イデオロギー批判みたいな感じになってしまう気がする。

350 :名無しさん@4周年:03/12/24 03:20 ID:vEr/j006
あー、講習で伊藤・高橋、山本・坂間の講義受けたんだった。すげえ懐かしいな。
別に、彼の過去なんてどうでもいいし、本人も語ろうともしてないね。

スレ違いだが、参考書はともかく講義は伊藤先生より高橋先生のが面白かった気が。

351 :名無しさん@4周年:03/12/24 03:23 ID:F+SEw5ed
高橋先生の方がどうしてそういう形になるか、みたいな話だからね。

352 :名無しさん@4周年:03/12/24 03:37 ID:keTm5fEO
>>346
>ヴァカなセクト共に運動を乗っ取られた責任の重さだと思う
ほとんどの部分では胴衣だが、この部分だけはちょっと違うと思う。もちろん
山本氏とは直接面識はないので、その真意はわからないが、全共闘運動が偏狭
なセクト主義に移行して逝ったのは、自然の帰結であって、「乗っ取る」とい
った意識的なものではない。むしろここが「語れない」問題で、全共闘Mo自体
が「近代」のイデオロギ依存を露呈したわけ。
個人の「責任の重さ」なんていう薄っぺらい理由じゃないだろう。


353 :名無しさん@4周年:03/12/24 03:58 ID:REASg/o/
>>318
注釈が好きならピンチョンの「ヴァインランド」でも読んだら。
日本語版には本文用と注釈用に、紐(しおり)が2本ついてまつ。


354 :名無しさん@4周年:03/12/24 09:04 ID:jARvhTbZ
いつのまにか駿台懐古スレになってる

355 :名無しさん@4周年:03/12/24 09:31 ID:Wgl61Jrq
2ちゃんねらーって正直・・・・






帰ってきた全共闘って気がしないでもない

356 :大 名 古 屋 ビ ル ヂ ン グ ◆OCXdpbcz1U :03/12/24 11:28 ID:VoNsG/6N
1巻目を流し読み、2巻目を飛ばして3巻目を読んでをる。
考証に興味がなければ第3巻だけで充分だなや。

山本義隆タソの一連の著作は
  「物理学とは何だらうか」
の自問自答集と読める。
其の問題意識のないヤシには理解できんだらう。

357 :名無しさん@4周年:03/12/24 13:38 ID:fYpmjkjO
科学史関係の本が何冊もあるけど、
難易度はそれぞれどんな感じ?
みすずの本を読み終わったら他のにも取り組もうと思っているんだけど。

358 : ◆GEDO/87xso @外道φ ★:03/12/24 14:12 ID:???
>>356
「物理が好きだー、おまえが大好きだー」ってラブレターのようでもあり。

359 :名無しさん@4周年:03/12/24 17:33 ID:ExYQbvgb
>>349
>学問としては、どれも、近代・絶対性・イデオロギー批判。

それが学問っていうんですが。
資料整理したり、計算したり、ってのはそのためなんですが。
そこに留まるのを学問だと思ってる人も多いようですが、無理はない。

例えば、文系なら資料渉猟で知識を蓄えることだと思ってる学生、院生、教授がいるし、
白川静が、なんのために漢字を集めてたと思いますか。
一目置かれる灯りが付く部屋を、なぜ全共闘は黙認したと思いますか。

理系なら、量子力学を計算できるというだけでわかった、と留まる。
アインシュタインはなぜ後年平和運動に関わったんですか。

パラダイム、ヒュポダイムの転換を求めるソフィアはギリシャから変わりませんよ。

360 :名無しさん@4周年:03/12/24 17:45 ID:yIvKpHXD
物理山本、化学小倉
数学は秋山、長岡兄、野沢
英語は伊藤、高橋、筒井、奥井
古文の関谷


3号館でこんな講師に教わったのを覚えてる。
伊藤師が亡くなったのは知ってるけど、他はみんな元気かなぁ

361 :cotton candy ◆sweetKICyQ :03/12/24 17:47 ID:m0G6sgJd
>>360
>>269 >>272

362 :cotton candy ◆sweetKICyQ :03/12/24 17:55 ID:m0G6sgJd
>>355
それは、部分的にはあるかもしれない。
「逝ってよし」
というフレーズを見たときに最初に思い浮かんだのは、
高倉健のヤクザ映画なんかを観ながら、上映中だというのに
スクリーンに向かって「よしッ!」「異議なしッ!」と演技を野次って、
見終わって肩をいからせつつ映画館から出てくる、あの時代の空気。
そのような言葉遣いを、よもやこの現代に目にするとは。

363 :大 名 古 屋 ビ ル ヂ ン グ ◆OCXdpbcz1U :03/12/24 18:27 ID:t4wuoCWL
>>358

さうではなくて:

「物理学(力学)」は一つの自然観に過ぎない筈だが、
非常に成功した自然観である。
中心概念は「力(作用)」であつて、
その概念の形成過程をフォロウしやう、と。

第3巻には新知見満載だがや。

364 :名無しさん@4周年:03/12/24 22:29 ID:wgkORYFe
ここはいい日本版教養主義の終着駅でつね。

>>362
>> スクリーンに向かって「よしッ!」「異議なしッ!」
一方向コミュニケーションでの熱い集団心理に基づく同意

>>逝ってよし
双方向コミュニケーションでの冷めた集団心理に基づく(こともある)煽り

あまり似ていないと思う。ではメリークリスマス。

365 :名無しさん@4周年:03/12/24 22:53 ID:coMlYpFK
全共闘運動は結局だれも語れずに当事者が年老いていくだけだろう。
「軽重の違いはあれ」中国で文革はだれも語れないのと同じと思う。

366 : ◆OptH21PLL. @Optimizerφ ★:03/12/24 23:24 ID:???
新・物理入門には世話になった。

367 :名無しさん@4周年:03/12/25 00:00 ID:pcd/73Ph
知っている名前がいろいろ
出てくる。亡くなった人もいるんだね。

予備校の先生って、不思議な感じだ。
学校の先生とも違うし、自分の
中で変な位置にある。あの頃は全共闘と
いう言葉は知っていても、それが何か
よくわかっていなかったしなあ。

368 :名無しさん@4周年:03/12/25 00:22 ID:Q/DtoqF6
>>360
奥井潔も亡くなったはず。

369 :名無しさん@4周年:03/12/25 00:39 ID:b4hnw9b1
駿台か。何だか、最近の話を聞いてると朽ち果てつつあるって気がする。
校舎も講師も老い果てて、、、経営不振だと聞いたのだが、本当ですか?
哀しいものがあるのだが、、、思うに、変な大学を作ったりしたのが大元凶な気がしないでもない。
親戚の子は河合に通っている。駿台は堅すぎる、代ゼミはDQN過ぎるから、と。
まあ、今時どこもそうは変わらない気もするが。。。

370 :名無しさん@4周年:03/12/25 00:48 ID:X9tgDHLS
今、大学改革というキャッチフレーズが、非常に盛んだが、
かつて内側から大学改革を唱えた運動は、右翼と左翼の政治
介入により暴力セクト対決となり、話をそらされていって、
それいらい大学の改革という言葉は、大学の内外でタブーと
なった。改革をしようとすれば、危険人物と同一視されて組織
から排除されて、大学特に国立大学は自ら超保守主義者逹の
巨塔となったのであります。保守政党も官僚も、それを望んで
きたのです。

371 :名無しさん@4周年:03/12/25 00:48 ID:j+++bD5l
現在チャット中
http://c3.cgiboy.com/matatano39/

372 :名無しさん@4周年:03/12/25 01:04 ID:k2JXnZDq
>>370
それが今破壊活動に近い改革をキチガイのように進めているのはどういうわけで?

373 :名無しさん@4周年:03/12/25 01:10 ID:4mRYk0vm
>>364
ヤクザ映画の場合は、「ワシら、こんなモノにでも感情移入するしかない」という、
相対的教養階層・相対的高学歴層の自虐ではなかったのですか? 
(映画としてのデキの問題とは別ですよ)
今は、学生がモロに大衆と同一化したので、そうした微妙なポジションからの批評的
自虐が成り立たない。ヤクザ映画の代替と目されるカルチャーなど無い。

2ちゃんの場合、教養・学歴の有無を問わず、誰でも気軽に「逝ってよし!」と言えてしまいますものね。
さすがに空気を読めなきゃ「厨房」扱いされるが、それもクラスのムラハチと所詮は同レベル。

>>369
駿河台大学って、なんですかありゃ? 今の日本で後発大学が圧倒的に不利なことは、
受験産業の駿台はよくわかっていたはずだが・・・。

374 :名無しさん@4周年:03/12/25 01:20 ID:/YKJAhVp
>>365
>中国で文革はだれも語れないのと同じと思う。
中国では一党政治の制約を考慮する必要があると思われ。一方、日本では
幸いにもその制限がない分、当事者の良心に恃む総括に期待するわけ。
(『全共闘白書』のようなオサーンの同窓会はイラネ)
漏れが山本氏の著作で想像してるのは、故廣松氏が近代のヒュポダイムに
哲学から物理へのアプローチを試みた(マッハ力学)ように、物理から近代
の世界観への批判(吟味・検討の意味)でつ。
ただこれは漏れの勝手な思いこみであることは自覚しているので、山本氏
にとっては「知ラネ」問題でつが。

375 :名無しさん@4周年:03/12/25 01:28 ID:4mRYk0vm
>>372
草の根の学部生レベルでは、異様な青田刈りの前倒し(3年次から就職活動など狂
気の沙汰)があり、情けないことに企業サイドの攻勢を大学人は押しとどめることも
せず(できず)、上からは院重点化による院生の濫造(高学歴モラトリアム層の量産)、
04年からは、いよいよ、ロー・スクールがこれに加わります。

「大学生はバカになったか?」と問うまでもなく、「学問」も「教養」もすでにない。
この構図じたい、とっくに言い古されたクリシェだが。

376 :cotton candy ◆sweetKICyQ :03/12/25 01:49 ID:/zhdEpc4
【話題】高校生が定理覆す大発見? 永久磁石で鉄球が浮上
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1072262526/
1 ちぃφ ★ sage New! 03/12/24 19:42 ID:???
【話題】高校生が定理覆す大発見? 永久磁石で鉄球が浮上★2
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1072283929/
1 ちぃφ ★ sage New! 03/12/25 01:38 ID:???

高校生が定理覆す大発見? 永久磁石で鉄球が浮上(共同通信)[12月24日19時52分更新]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20031224-00000193-kyodo-soci

377 :名無しさん@4周年:03/12/25 02:03 ID:CJp1mBcY
俺は数年前にお世話になりました。
今物理学部にいるのも山本さんの影響かもしれません。
最後の授業でここまでやってきたのは物理のお子様ランチみたいな物だから
後は自分でやってくださいと、言われた事を今でも思い出します。
山本さんは物理は自分で考えウンウンうなって考えなければ上達しないと幾度も強調していました。
俺は山本さんの物理から卒業し自分自身で物理を深めています。

378 :名無しさん@4周年:03/12/25 02:07 ID:VXFyIKzz
>物理は自分で考えウンウンうなって考えなければ上達しない
(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン言ってた言ってた。

379 :名無しさん@4周年:03/12/25 06:16 ID:JqMSwxXx
スレには直接関係ないが、駿台中山寮って無くなったのか。

380 :cotton candy ◆sweetKICyQ :03/12/25 11:23 ID:/zhdEpc4
●物理
【祝大佛次郎賞】孤高の物理学者_山本義隆
http://science2.2ch.net/test/read.cgi/sci/1071753390/
1 1 03/12/18 22:16 ID:5eT7iV1g
【電磁気学】アーンショーの定理破れる
http://science2.2ch.net/test/read.cgi/sci/1072265160/
1 ご冗談でしょう?名無しさん sage 03/12/24 20:26 ID:???


381 :  :03/12/25 11:34 ID:sDD7iUp/
  

382 :名無しさん@4周年:03/12/25 11:36 ID:LKQs1o8q
大仏を”おさらぎ”と読める奴は日本人の1割

383 :名無しさん@4周年:03/12/25 11:42 ID:LFtIW4bl


  サヨが賞を取った途端に、従来の定理が覆される訳だが(藁
  

384 :名無しさん@4周年:03/12/25 15:27 ID:J9gU8rsb
>>379
えっ、なくなったの?



385 :名無しさん@4周年:03/12/25 15:37 ID:hnMQi+md
>>355
まあ、2ちゃんねらーは何も考えてないけどな。
全共闘の大半以上は知らないけど。
彼らも、もし何も考えずその当時の左翼のスタイルがかっこいい、ただ
それだけで「闘った」と勘違いしているのだとしたらまさに同じといえようw
山本義隆は別だろうけど。

386 :名無しさん@4周年:03/12/25 16:02 ID:/fmrLTj5
しかしね、漏れは左翼だいっ嫌いなんだが、なんで朝日ぐらいしかこれほどの最高級
知識人を表彰しないんだい? それが一番嘆かわしい。これがために朝日の存在価値が
出てしまうじゃないか。

他の団体なり新聞なりも、褒め称えればイイのに。




387 :名無しさん@4周年:03/12/25 23:01 ID:vNO2aRlw
>>372 座布団一枚!

>>370 それはすでに昔話。現在は、事なかれ主義の穏健な教官は退官し、
旧文部省・文部科学省の手先となって

> 今破壊活動に近い改革をキチガイのように進めている

世代が主流です。国立大は住みにくい場所になったよ
大学独立行政法人化って、文部科学省の天下り先確保政策だろ

388 :名無しさん@4周年:03/12/26 00:24 ID:vUYqlZ3I
>>387
その破壊活動を、もう学生も院生も止めることはない。80年代以降、底辺から旧帝まで、キャンパス
には奇妙な享楽と諦念が漂っているように感じる(って、直接には某中堅大しか知らないがw)

そもそも、広範な同世代人口を巻き込んで行い、各人の文化的成育歴(社会学者さんの
言うハビトゥス)をさほど問わない日本的受験競争は、国民の平均的知識水準を向上させる
には良いが、相対的勝者が教養人たることもない。
「機会の平等」(これとて厳密にはどうか?)と引き換えに、もともとが大学を大衆
化させてしまう危険性をはらんだ制度なのだ。
共通一次(センター)以降、大学の大衆化に歯止めが掛からなくなったのもうなずけるだろう、
と言ってみるテスト。

それはともかく、日本的受験エリートは往々にして恥を知らないからな。恥を知る、
ってのも教養じゃないのかい、学者さん官僚さんたちよ?

389 :名無しさん@4周年:03/12/26 00:28 ID:mBOJwRZa
どんな住みにくい場所でも我慢するし
お上の言うことは何でもするから
パーマネントなポストください。

390 :名無しさん@4周年:03/12/26 00:37 ID:zDryGcfP
>>386
田中康夫を支持していても、これほどの最高級知識人 と言えるほどすごい知識人と言えるの。
最高級の知識って、人を見る役にはたたないの?


391 :387:03/12/26 00:43 ID:ldigqsAh
>>388 現象を捕らえていた漏れ的には、教養部廃止政策から破壊活動が始まったと思っていたが
寝は深いようですね。

>>389 ギャグとしたら、なんか笑えないよ(^_^;) シャレになってない人多いしね

392 :         :03/12/26 00:45 ID:D5QB0eR4
         

393 :名無しさん@4周年:03/12/26 00:52 ID:ItG+IP7P
>>390
右が評価して左は評価できないというがちがちの信念が前提にあるなら別だけど、
いま左側できちんとした政治家としていちばん評価できるのは田中康夫でしょう。
まあ、顔はキモいけどな。

394 :名無しさん@4周年:03/12/26 01:25 ID:yB+7otAW
へんなヤギのバッジつけてるのもキモい。

395 :名無しさん@4周年:03/12/26 02:06 ID:repYk6r7
山本さんが田中康夫をどんな風に評価したの?

396 :名無しさん@4周年:03/12/26 04:21 ID:1nGmrxP2
結局、みんな読んだのか?

397 :388 :03/12/26 04:24 ID:uDoXC+Yj
>>391
実は私は大学の人間ではないので、知ったかぶりで書きました。的外れだったらスマソです。

「某中堅大」とは、偏差値バブル期に難易度が跳ね上がった某伝統校です。入って
驚いた。偏差値は高いのに、自分も含めてアフォが多かったからw
当時から延々と「なぜ、日本人は高偏差値層もアフォなのか?」と考えてまして(苦笑)、
最近、某スレ(このスレだったか?)でこのURLを知って、疑問が解けたのですよ。
ttp://www.thought.ne.jp/html/text/socio/10sxs01.html

日本的大学受験システムでは、もともと、相対的なトップを教養層に仕立てることは
できないのですね。ただし受験エリートの延長でコツコツ勉強すれば、多少の職人
的専門人にはなれるかもしれない(多くの文系学部ではそれすら怪しいが)
まあ、当たり前過ぎて拍子抜けですが。
この受験の現場で、自分なりの営為を通してきた山本さんの心中たるや・・・と、ここで
スレタイに戻るわけですが。

398 :名無しさん@4周年:03/12/26 04:38 ID:GtCX6tbb
定年まであと何年?

399 :名無しさん@4周年:03/12/26 04:41 ID:MlJX2/Nc
田中康夫は神に近いだろ


400 :名無しさん@4周年:03/12/26 05:07 ID:vx288o4u
>>313
知性の叛乱なら、かなり状態の良い奴で1300円でしたよ。
比較的堅い値段を付ける古書店の通販でした。
大した希少価値はない。


401 :名無しさん@4周年:03/12/26 05:12 ID:vx288o4u
>>313
樺美智子追悼本の広告も尻尾に付いていましたが、あれって後ろから押されて圧死しただけでしょう。
自業自得だわな。
三一内紛なの。そりゃ結構。

402 :名無しさん@4周年:03/12/26 05:19 ID:PAqAIN+H
「バカの壁」買って損した。。
大学の先生ってもっと深いこと考えているかとおもったのに。。

403 :名無しさん@4周年:03/12/26 05:23 ID:vx288o4u
山本義隆師が天才なのは、事実だし、一般向け、入門者向けには最高と言っても良い本を書くのも事実。
一方で、元全共闘議長として、敗軍の将として社会的制裁を受けているのも当然。
駿台の講師として禄を食む事が出来ているのは、むしろ社会が寛容だから。
駿台の講師というのは、人気講師といえども競争も評価も厳しいし、逆に見返りも大きい。
予備校とはいえ、駿台は、アカデミズムをある程度認めているからこそ個人的研究のサイドワークも出来ている。
結局、山本師にとっては今の職が天職だったという事だろう。


404 :名無しさん@4周年:03/12/26 05:26 ID:vx288o4u
>>402
通読書とマニア向け書籍をマゼコゼにするなや。
バカの壁は、大衆が喜ぶように書いた本だろう。
ひょっとして、口述筆記じゃねぇか?

405 :名無しさん@4周年:03/12/26 05:32 ID:vx288o4u
ところで、駿台と全共闘絡みで便乗だけど、表三郎は91年に駿台京都英語主任を辞めているね。
ttp://www.papy.co.jp/act/books/1-13715/
何かあったの?
あれだけ口が悪けりゃ何か起こっても仕方ないが。


406 :名無しさん@4周年:03/12/26 05:33 ID:JoLlmBIw
革命ごっこの大将やってたのがそんなに偉いのかね。
さんざん煽ったあげく仲間見捨てて敵前逃亡したんだろ。
あげくは、学歴社会に集る銀バエの予備校講師になって年収数千万で
贅沢三昧。
ほんと、人間のクズだわ。


407 :名無しさん@4周年:03/12/26 05:46 ID:vx288o4u
>>406
まぁ、一面の事実だろうが、その事は本人が一番自覚しているだろう。
時代の潮流のまっただ中にいたとはいえ、正義の名のもと、やった事の結果が、学術界からの追放だ。
彼の潜在的実力が高い事は、多くが認めているが、本当にアカデミックポジションに入りたければ、金貯めて海外に行くしかない。
その機会と金と時間は十分にあったんだから、それをしなかったのも彼の選択だよ。

それに、予備校といっても、今はどうか知らんが、受験テクニック教育やゆとり教育へのアンチテーゼを実践している。
無論、それも資本主義の道理に則っている訳だがな。

408 :名無しさん@4周年:03/12/26 05:49 ID:ssNqiR5C
>>397
リンク先、なかなか面白いでつ。
こういう考え方は初めてみたので、参考にしまつ。

409 :名無しさん@4周年:03/12/26 06:19 ID:oSsTBeAD
ところで、駿台ってかなり講師をコキ使うと聞いたんだが、どうなの?
河合とか代ゼミよりも一人あたりの負担が大きいと聞いたんだが。
研究とかする時間あるのか・・・いや、あったから本出すんだろうけどさ。

410 :名無しさん@4周年:03/12/26 06:23 ID:vx288o4u
>>409
昔はそうでも無かったと思う。
競争は厳しかったらしいが。
今は知らない。

あと、ご存知の通り、ここ十数年ほど、物理をとらない香具師らが多数派で、物理科は需要が余りなかった。
私の時は物理は必須だったし、そもそも物理無しで理工系は無理だよ。

326 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★